30代妊婦のロサンゼルス旅行記!

帰国へ

ホテルから空港のシャトルバスは時間がかかるので、結局タクシーになりました。
早めに空港について、ビジネスラウンジでの軽食。

 

 

さすがアメリカンなだけあって、サンドイッチやスナック類が多かったです。

 

そして、ビジネスクラスのお食事はこんな感じです。
深夜発で乗って直後は前菜程度。

 

 

お腹がすいたらカレーやラーメンを個別に注文する程度で、結構質素な感じです。
日本到着前に朝食が出たので、私は洋食を注文。

 

 

夫は和食にしてみました。

 

 

昨日の朝4時に羽田空港へ到着し、そこから6時台の国内線で神戸便に乗り換えて、7時半ごろ神戸に到着。時間は有効に使えますが、疲れているのにまだ朝って変な感じですね。夫は神戸に帰らずに、東京で仕事があるそうで夫婦で別々の東京滞在をしました。

 

今回のロサンゼルス旅行は、TVの中でしか見たことのないディズニーランド、ハリウッド、ビバヒル、サンタモニカ、ステープルセンターなどなどいっぱい体感できてとっても楽しかったです。一人でいけば、もっとアメリカンな生活を楽しめたかもしれないけれど・・・、食事にうるさい夫は仕方ないですね。

 

地下鉄やバスの乗り方もイチから二人で勉強しながらだったので、乗り場を間違えたり、降りられなかったりと・・・ちょっとのことでご立腹の夫を治めるのが大変でした。

 

最後にはわかってきてくれたみたいで「3日くらい地下鉄やバスに乗って、いろいろ覚えたから、次からは大丈夫だね」と納得してくれてよかったです。

 

私はツアーに入らずに、自分で公共交通機関を乗り継ぎながら気ままな旅をするのが大好きなので、プライベートで海外旅行にほとんど行ったことが無かった夫にこの価値観を理解してもらうにはもうちょっと時間がかかります。

 

それと、食事について問題あるから・・・コンドミニアムのようなキッチン付の所に泊まって、たまには自炊しながら旅行したほうがいいのかもしれないですね。

 

近日中に夫にアメリカ出張があるようです。私はついて行かれないのでかなり心配ですが、海外出張上手になれますように。

スポンサードリンク

30代主婦のサンフランシスコ旅行記!はこれでお終いです。
お読みいただきありがとうございました!

 

トップページへ戻る

 

30代主婦のサンフランシスコ旅行記はこちらです!


ホーム