30代主婦のサンフランシスコ旅行記!

アルカトラズ島

四日目はアルカトラズ島へ!
アルカトラズ島は、サンフランシスコ湾に浮かぶ、1934〜1963年まで連邦刑務所が置かれていた島で、映画『アルカトラズからの脱出』や『ザ・ロック』の舞台になった有名なこの刑務所は、1973年より観光スポットとして一般公開されています。

 

アルカトラズ島

 

島へのアクセスは、フィッシャーマンズワーフのピア33から出発する観光船で、1時間に2本程度あり、18時すぎのの怖いナイトツアーも用意されていて迫力満点です。

 

刑務所の建物に到着したら、よく美術館で見かけるようなタイプのセルフガイドのオーディオツアーキットを渡され、各国言語がそろっているので日本語でも大丈夫です!それを片手に自分たちで歩いて回ります。

 

アルカトラズ島の刑務所の中

 

オーディオツアーは、実際に住んでいた囚人が食堂や独房など、その場の状況などリアルに教えてくれるのでたまに背筋がゾクっとくることも。

 

アルカトラズ島の刑務所の中2

 

殴り合い事件が起きたシーンや、脱獄の一部始終を伝えたレポーターが素晴らしかったです。シャワーの温度が温水なのは、冷水にすると海水に飛び込んでも大丈夫だと勘違いをして脱獄してしまうためなんだそうです。

 

自由に歩き回ることができ、約1時間半〜2時間かかります。
途中で外に出て、美しいサンフランシスコの写真を撮るのもベストショットですよ。

 

行きのフェリーの時間は決められていますが、帰りは時刻表があるだけで好きな便に乗って帰れるので、自由に散策したりしていると、3〜4時間は島に滞在できます。

 

なぜこの刑務所は閉鎖されたかと言うと、潮風と海水による建物の老朽化、維持費が他の刑務所と比べて高すぎたことでした。物資の運搬や職員は島に住んでいるのですから、コストがかかりすぎますよね。

 

スポンサードリンク

ホーム